GOOD SWELL JOURNAL /

21世紀に不要な政治家へ

福田首相が辞任した。そのニュースを見て本当に「どうなっているのだ」と憤りを感じた。ひとつの国の最高責任者がそんなに簡単に職を投げ出していいはずがない。それは結果、国会運営がうまく進むのかもしれないし、日本は官僚が仕切っているので誰が総理になっても変わらないかもしれないが、あまりにも無責任というしかない。それならば初めから「総理になるな!」と言いたい。今、日本や世界が抱えている問題や課題は中、長期で真剣に取り組んでいかなければいけないものばかりのはずだ。環境問題を筆頭にそのよう地球規模の課題を洞爺湖サミットで話したばかりではなかったのだろうか。
日本の国の仕組みや政治の駆け引き、派閥の問題や力関係、官僚の支配など、多くの一般市民と同じように僕も、ニュースでしか知らない。色々ドロドロとした裏事情があるのだろう。福田首相も大変だったのかもしれない。たが、本当に不幸なのは次の世代である子供達だ。彼らが生きていかなければいけない環境はどうなってしまうのだろうか。そして無責任に仕事を投げ出す日本の最高責任者の姿を見てどう思うのだろうか。
司馬遼太郎の「21世紀に生きる君たちへ」という本を読んだ。小学校教科書の為に書かれた本で「21世紀に生きる君たちへ」「洪庵のたいまつ」という2作品が収録されている。その中で司馬遼太郎は言っている。「もう一度くり返そう。さきに私は自己を確立せよ、と言った。自分には厳しく、相手にはやさしい、とも言った。いたわりという言葉も使った。それらを訓練することで、自己が確立されていくのである。そして、”たのもしい君たち”になっていくのである。」 そして最後に「私は、君たちの心の中の最も美しいものを見続けながら以上のことを書いた。書き終わって、君たちの未来が、太陽のように輝いているように感じた。」と結んでいる。 もう一遍の「洪庵のたいまつ」では私利私欲なく生きた幕末の偉大な医師、緒方洪庵のことを書いている。今、本当にこの本を読むべきなのはたのもしくなく、私利私欲ばかりの政治家たちだ。無力な叫びの前に僕ができる最低限のことは、仕事を投げ出さないことと選挙に行くことだ。司馬遼太郎のように未来が太陽のように輝いていることを信じて。(ht)