GOOD SWELL JOURNAL /

物件探し

7〜8年前から葉山の店舗の移転先を探している。今の場所で16年続けていると、やはり手狭に感じてしまう。周りでも理想を求めて、新しい場所に移転したり、または、移転したいという話をよく耳にするようになった。高校生になった子供に、幼稚園の時の服は着せられないのと同じで、年月を重ねるたびに、成長し、体も大きくなり、余分なものも増え、そして新たな理想も生まれる。
今までは店舗の近くに場所を借りたりしながら、やりくりしてきているのだが、やはりパッチワークにも限界がある。毎年のように「5年後には、広い場所に移転して、、、」と理想を言い続けて、いまだ同じ場所にいるのだから、移転すると言うことは、信憑性に欠けてくるが、決して諦めた訳ではない。不動産屋さんもそれに付き合って、少しでも該当しそうな物件があると連絡をくれるが、その度にこちらの返事は「ちょっと違うなぁ」というつれない返事なのである。確かに、「ピン!」と来るものがない。ただ、自分の「ピン!」という感覚がどれだけ正しいか疑わしい時もある。
物件探しは、難しい。まずは予算がある。広さとロケーション。そして、縁。長い時間探し続けるとこちらの感覚も麻痺してきて、「より良い環境を求めての移転」という目的を忘れてしまう事さえある。こちらの理想が高く、現実はかけ離れているのかもしれない。
「きっとどこかに自分達の理想を描ける場所がある。」
今一度理想を明確にして、根気強く、探して行こうと思う。(ht)