sunshine+cloud

できれば裸足で走りたい。トレイルランを始めて夢中になった友人が、興奮気味にそう話していた。石ころや硬い木の根に耐えうるほど、この足の裏はもはやタフではないけれど、しっとりと水を含んだ落ち葉や柔らかな土を踏みしめる感触は、たしかに夢想したくなる。

  10  

  10