sunshine+cloud

この道の先の入り江には小さな漁港があり、当たり前のことだけれど、そこにはちゃんと海がある。日常に根を下ろし、その場所で生活する人々がいて、磯の香りとともに、彼らの息づかいを届けてくれる。

  8  

  8